前へ
次へ

平服での参列は地味が服装の葬儀マナー

お通夜やお葬式の際には服装の葬儀マナーがあり、一般的に大人は皆喪服を着用します。
故人に対しての哀悼の意を表すことは、参列時には欠かすことができません。
服装に関しての葬儀マナーとしても、この心は必要です。
遺族はもちろん喪服ですが、そうではない場合は、実は平服で葬儀やお通夜への参列をしても問題はありません。
喪服でなければ絶対に行けないわけではなく、地味な平服ならば許容範囲です。
遺族や親族が喪に服するための喪服が本来の喪服の意味なので、遺族以外だったら平服で良いですが地味である必要はあります。
衣類も意識をする必要はあるものの、平服でも良いのは思いを優先しているためです。
もしも男性が平服での参列をするならば、黒いネクタイは喪服と同様に選びますが、スーツは地味なものであれば構いません。
足もとはサンダルなどはNGであり、黒い靴を履くことです。
女性も基本は男性と変わりませんので、地味なワンピースやスーツを選びます。

Page Top