前へ
次へ

焼香の葬儀マナーと座礼焼香での足のしびれ対策

立礼焼香の葬儀マナーはまず焼香台の前まで来たら、直ぐに焼香をはじめないことです。
順番が来たら焼香台まであと2歩くらい前でいったん立ち止まり、遺族と僧侶へ一礼をします。
終わったら前へ進んで、今度は遺影に対しての一礼です。
正しいやり方で焼香を済ませたら、合掌をして2歩くらい後ろへと下がってから、席へ戻る前に遺族に一礼をします。
会場や進行にもよりますので、係員の指示に従うようにして、そのまま退場で帰ることもありますが、いずれにしても葬儀マナーとして私語は慎むことです。
立って行う葬儀会場はとても多いですが、中には座って焼香をすることもあります。
葬儀会場が畳である場合は、座礼焼香をするのが一般的です。
椅子に腰かけるわけではなく、畳の上に座布団があって、その上に座るので足がしびれないように注意をします。
座布団の上では正座が基本ですが、焼香で建てなくなってはいけないので、順番が近くなったら少しだけ足をくずすようにすることです。

Page Top